2019年6月11日火曜日

第33回日本外傷学会総会

皆さん、こんばんは。
新病院に移転して、早くも一ヶ月が経ちましたねぇ。
綺麗に整備された環境、新しい場所など、慣れないことだらけでバタバタでしたが
ようやく普段通りの生活に戻ったような感じでしょうか。
さて今回は、先週参加しました学会について、報告します。


筆者山本と、副部長原先生とで、第33回日本外傷学会総会に参加して参りました。

恒例の、学会看板の前で撮影。

場所は青森、八戸でして、劇的救命で有名な八戸市立市民病院の今病院長が学会長をされておりました。
山本が以前研修に行っていた場所でして、救急医としてスタートを切った、思い出深い場所でもあります。
会場に向かうと、たくさんの懐かしい顔触れにお会いすることが出来、初心に戻ったような感覚でした。
一緒に切磋琢磨していた同世代のdrが、今も八戸で活躍していたり、他施設で頑張っている姿を垣間見れたり、多くの刺激を頂けました。
当の学会はと言いますと、八戸限定の鯖缶が配布されたり、地元の書道ガールズ達による習字が飾られていたり、懇親会では迫真の三味線が披露されたり、学術以外でも楽しませて頂きました。

玄関を入ると存在感のある旗、立て看板が。 迫力あります。


たくさんの方で賑わった懇親会で。大間のマグロも食させて頂きました。

 肝心の学会ですが、気になったトピックとしては、ハイブリッドERと呼ばれる、手術、カテーテル治療、CT撮影が出来る救急外来がどんどん増えてきているようですねぇ。
当院では新病院になり、救急外来にて緊急手術が行える環境が揃いました。カテーテル治療やCT精査はERでは困難ですが、数秒移動するとCT室があり、またヘリポート、手術場、カテーテル室、ICUに繋がるエレベーターが別に整備されており、重症患者の搬入が速やかに行われております。
ラピッドレスポンスカー導入も開始し、少しずつではありますが、各地域から出動要請を頂き、早期の患者接触にも取り組んでおります。
今後も、有意義な病院前での活動を行い、患者の救命に寄与出来れば、と思います。
劇的救命目指して、日々精進して参ります。

八戸の食事も大変美味でした。


2019年4月24日水曜日

日本外科学会定期学術集会

みなさん、こんばんは。
救急部の原です。

いよいよあと2週間あまりで新病院へ移転となりますので、今回が旧病院での最後のブログ更新となるかもしれません。

さて私は、4月19、20日と大阪国際会議場とリーガロイヤルホテル大阪で開催された日本外科学会定期学術集会に参加してきました。
当救急部では、山本先生と私の2名が外科の修練を経て外科専門医を有しています。
外科学会は今年で119回を数え、内科学会(今年で116回)とともに日本最古の学会です。

今回の参加は専門医更新のためという意味合いが強かったのですが、さまざまなシンポジウムやセミナーに参加してきました。
とくに最近話題となっている働き方改革のシンポジウムでは、2年前に社員が過労死自殺してしまった電通の執行役員がその後の会社の改革について発表していました。
医師の場合は患者の応召義務があり、人間の命がかかっているので、企業のように簡単には労働時間を減らせばいいというわけにはいきません。
とくに総合病院では医師の責任感で医療が成り立っている現実があり、病院職員だけでなく官民一体となって改革に取り組む必要があります。

その他にも、高齢化社会の問題点や女性医師の活躍の場をどのように広げるか、また研修医の指導方法の工夫や指導医の心構えなど、最近の話題を反映した内容が多かったように思います。
時代はものすごい勢いスピードで変化しています。
われわれ昭和生まれの指導医クラスの医師も、時代の流れを読み取り、柔軟な思考で対応していかなければならないなと、いろいろ考えながら高知の帰途についた次第です。

さあいよいよ平成も終わり令和に突入します。
新病院への移転とともに新しい救命救急センターで、スタッフ一丸となって新しい時代を駆け抜けたいと思います。
当院救命救急センターで救命医療に従事したいという方は、大歓迎ですのでいつでも見学に来てください!








2019年4月18日木曜日

新病院移転に向けて

みなさんこんばんは。
救命救急センターの原です。

桜も散り、いよいよ新緑の季節になってきましたね。
さて前回の山本先生のブログにあるように、当院は令和元年5月6日に新病院へ新築移転します。
病院建物はすでに完成し、現在は徐々に荷物が運び込まれて引っ越しの準備もどんどん進んでいます。

4月6日、13日には病院職員で患者搬送リハーサルを行いました。
患者さんを安全に搬送するには、予期せぬ事態や急変などのシミュレーションが欠かせません。
実際に模擬患者を立てて予定時間通りに現病院から新病院への移送が行えるかのシミュレーションを行いました。
とくにわれわれ救命救急センタースタッフは、人工呼吸器を装着したようなICUの重症患者さんの搬送を担当します。
さまざまな問題点が浮き彫りになりましたが、これらを改善することにより、本番では安全確実に搬送できるようにつとめたいと思います。

4月15日には、当院屋上ヘリポートへのヘリ離発着訓練も行いました。
高知県消防防災ヘリ、高知県警ヘリ、高知県ドクターヘリに協力していただき、3機が順次離発着の訓練を行いました。
モニターを見ながら医療無線でヘリと交信し、現場からの患者さんを受け入れます。
現在も救命センターの医師4名が交代で高知県ドクターヘリのフライトドクターの一員として乗務しています。
今後はより重症な患者さんを積極的に受け入れて、救命救急センターとしての役割を果たしていきたいと考えています。
新病院は免震構造であり、とくに南海トラフ地震などの大規模災害時にも当院の役割はさらに大きくなるのではないかと考えています。

ICUで模擬患者をストレッチャーに乗せ換えます


模擬患者をドクターカーに搬入しています


1機目は消防防災ヘリ

つづいて県警ヘリ
最後にドクターヘリです
ERにある医療無線でヘリとの交信を行います





2019年4月13日土曜日

2019年4月を迎えて

皆さん、こんばんは。救急部・山本です。
新年度が始まり、新規職員を迎え、院内は賑わっております。
春は毎年出会いと別れの季節であり、幾度経験すれどもなかなか慣れませんねぇ。


当院救急部に6年間勤務されました、本多Drが異動されていきました。
先生の切れの良さはピカイチで、さくさくと業務をこなすその姿は本当に尊敬でした。
個人的には、私生活でもよくしてもらい、共通の趣味で時間を共にしたり、飲みに行ったりと、多忙な日常の中、濃い時間を過ごさせてもらいました。
一緒に当直をこなし、救急外来、手術場、集中治療室を往復した日々が懐かしいです。


送別会にて。勤務お疲れ様でした。

院内若手(?)でサプライズ送別会。メダルを贈呈しました。

次の勤務先でも、元気に過ごされていることと思います。
また学会等で会えるのを楽しみにしています。お疲れ様でした。



さて、最近当院で行われた救急隊合同の症例検討会の写真もupしておきます。
救急部からは、布村Drが熱傷について、橋爪Drが致死的不整脈について、症例提示と講義を行ってくれました。

発表している布村Dr。だいぶ落ち着きが出てきました。


発表し終わった橋爪Dr。患者に対する想い入れが相当でしたね~


どちらの症例も、病院前で救急隊とやり取りを行っている際から、院内では準備が始まっており、Dr.carでドッキングしたり、カテーテル検査室へ直行したりと、病院前での情報がいかに大切か、を痛感した症例でした。
院内連携はもちろんのこと、pre-hospitalもしっかり情報共有をして、共通認識をもって医療に当たらなければいけませんね。
連携がどれほど大切なのか、身に染みる症例を経験出来ました。



さて、院内は5月の新病院移転に向けて、ラストスパートの状態です。
消防署が近くなり、より連携を図って有意義な活動ができるようにしたいですし、新事業として、ラピッドレスポンスカーが導入されます。
内視鏡センター、ハートセンターたる部署も出来るのだとか・・・盛り沢山ですね。
先日、筆者山本は新病院の見学に行かせて頂きました。

新病院の表側。2階の外来は、窓が広くて爽快でした。


屋上にはヘリポートが建設されています。これまた景色が絶好でした。


導入されるラピッドレスポンスカー。重症患者にはいち早く駆け付けます。


準備に大忙しの毎日ではありますが、患者様により良い医療が提供出来るように、職員一同で協力していきたいものです。
医局も引っ越しモードではありますが、筆者の机はいつもと変わらず、教材やらプリントやらでごった返してます。
そろそろ本気で片付けに取り掛からなければ、、、

また皆さんに、新病院の報告を行ってまいります。
では当直に戻ります~




2019年3月23日土曜日

第24回日本災害医学会総会学術集会

みなさん、こんにちは。
救急部の原です。

3月18日から20日まで、鳥取県米子市にある米子コンベンションセンターで行われた第24回日本災害学会に参加してきました。
この学会では、これまで日本で発生した阪神大震災をはじめ、東日本大震災や熊本地震、御嶽山噴火、西日本豪雨災害などさまざまな種類の災害を通じて、DMAT隊員や日赤救護班、行政や保健所の方々など多職種による発表をもとに活発な議論がされます。

私は「南海トラフ地震における高知市中央西圏域DMAT活動拠点本部の役割と課題~平成30年度大規模地震時医療活動訓練を通して~」という題名で、昨年8月に行われた政府の災害訓練において、当院に設置された高知市中央西圏域DMAT活動拠点本部の活動について報告してきました。
今後30年間で70%以上の確率で発生するといわれている南海トラフ地震がいざ起こってしまえば、高知県でなく日本全国で甚大な被害が発生することが予想されます。

当院は災害拠点病院であるとともに、高知県内3つの広域的な基幹災害拠点病院の1つに指定されています。
当院救急部には、西山センター長をはじめ、山崎、原、廣田の4名が日本DMAT隊員でかつ統括DMAT資格を有しており、院内の災害対応だけでなく、日本DMAT隊員養成研修や全国救護班研修、MCLSコースなど種々の災害コースでインストラクターとして指導にあたり、高知県の災害医療の中核として他の災害拠点病院と協力しながら日々活動しています。
そして村上、山本も日本DMAT隊員として活動しています。
他にも当院内科部長の溝渕先生、形成外科部長の中川先生も、以前から災害医療に従事されており、日赤救護班として東日本大震災や熊本地震にも派遣され現地で活動されました。お2人とも日本DMAT隊員であるだけでなく、統括DMAT資格も有しており、現在も院内災害ワーキングのメンバーとして活動されています。

このように当科では、救急医療や集中治療、麻酔のほかに災害医療にも力を入れています。
この5月6日には津波が到達しない地域に新築移転する予定です。
もちろん免震構造でヘリポートも新設されています。
今後も当院の役割はますます大きくなることが予想されます。

災害医療に興味がある方、DMAT隊員や日赤救護班として活動したいという志のある方は、ぜひ当院救急部に見学に来てください!
一同お待ちしています。




私が以前勤務していた横浜労災病院でともに被災地で活動した仲間たちと

鳥取県の地酒をいただきました

今年5月6日に新築移転する新病院




2019年3月14日木曜日

第55回日本腹部救急医学会総会

皆さんこんにちは、救急部・山本です。
小春日和で暖かい日差しかと思いきや、夜になると気温差の激しい毎日ですね。
皆さん、体調崩されてませんでしょうか?
筆者・山本は相変わらず元気に過ごしております。
いつも通り、ピンピンしております。
さて、先日出張に行かせて頂いたので、その報告をさせて頂きます。

3月7日~8日、第55回日本腹部救急医学会総会in仙台に参加して参りました。
東北の地はまだまだ寒くて、夜は雪がチラチラと舞っておりました。

メイン会場。会場は広くて綺麗で、とても快適でした。


会場の仙台国際センターまで仙台駅から直通5分程という、立地もよく、駅も華やかで、大変過ごしやすかったですねぇ。
仙台の美味しい食事にも囲まれ、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

仙台名物・牛タン。店によって色んなメニューがあるんですねぇ。美味でした。


さて肝心の学会ですが、今回認定医セミナーというものを受講して参りました。
腹部疾患を中心に、虫垂炎、胆嚢炎、胆管炎、外傷等、多岐に渡る病態の座学を受けることが出来ました。外科的介入はもちろん、今回私は血管内治療の講義も受講させて頂き、素人感覚ではありますが、腹部疾患への幅広い治療についても、学ぶ事が出来ました。我々救急医に課される課題としては、その疾患をいかに疑うか、診断を来すか、その介入方法として内科的治療なのか、血管内治療なのか、外科的治療なのか、そしてその治療介入をどのタイミングで行うのか。
色々と悩ましいですが、医療従事者が皆志しているのは、「患者にとってより有意義で低侵襲であるべき治療方針を」と、議論を交わすわけなんですねぇ。
当院でも、色々な科の先生を巻き込ませて頂き、ご指導を頂き、治療方針を決めています。

一緒に参加した救急部・原副部長と。

当院救急部は、麻酔科専門医を有する医局員が14人中9人、また原副部長、筆者・山本は外科専門医を有しております。救急疾患に対して、診断→治療→周術期管理という一貫した急性期治療を行えるよう、他科スタッフと協力し、日々治療に当たっております。

余談・・・
今回、「後生畏るべし」というテーマが掲げられておりました。本学会は、外科Drの登竜門と言われているようで、確かにたくさんの学生、初期研修医が発表し、参加しているのが印象的でした。
まだまだピチピチの若手と自負していた山本ですが、最近飲み会をすると、自分が一番上になりがち、という事に気付いてしまい、ショックを隠せません。
もう若くはないんやなーと自覚しつつ、自分がそうであったように、下の世代が伸び伸びと過ごせるような環境作りを行っていくのが、自分の役目なんだろうなと、最近つくづく思うわけです。


3月は別れの季節ですね。
次のblogは、当院救急部の異動について更新しようと思います。

2019年3月6日水曜日

第46回日本集中治療医学会学術集会

皆さん、こんばんわ。救急部・山本です。
集中治療医学会学術集会に参加して参りましたので、ご報告致します。


場所は京都。
学会前日から開催されているセミナーに、山本、橋爪Dr、山下Dr、そして当院研修医の矢野Dr、西森Drが参加して参りました。
山本は研修医2人と「Be an Intensivistコース」に、橋爪Drは「神経集中治療ハンズオンセミナー」に、山下Drは「緊急気道確保対応トレーニング」に。
午後からは山本、山下Drが「リフレッシャーセミナー」に参加して参りました。
ハンズオンでは、実際に手に触れて教えて戴けて、体験することで、より理解度も深まるセミナーでした。
研修医2人は、集中治療の奥深さに興味深々で、とても勉強になったとのこと。
これから敗血症の初期対応は、二人に任せようと心に誓いました笑
院内で急変があったときには、すぐに呼びますね!!
呼吸器のグラフィックを用いた病態把握について。ふむふむ。


さて、夜は定番の、スタッフ一同で美味しい食事を堪能して参りました。
今回は京都ということで、京都のグルメに詳しい橋爪Drお勧めで、すき焼きを食してきま
した。
ざらめ、割り下で頂きました!

皆、肉に夢中ですね。

大変美味しゅうございました。

その後も、楽しい京都の街を練り歩き、夜中遅くまでワイワイガヤガヤと騒しまして・・・
研修医の勧誘もしっかりちゃっかり、やってきました笑


そして学会初日、救急部から私山本が口演発表をして参りました。
「体温管理後に完全社会復帰した溺水後心肺停止蘇生後脳症の一小児例」という演題です。
小児の心肺停止蘇生後脳症の体温管理は、定まった方法が決まっておらず、施設間や国ごとにも方針が少し違っているのが現状です。
今回私が経験したのは、34℃48時間施行、24時間で0.5℃ずつ復温を行い、後遺症もなく、完全社会復帰を果たしました。
発表前の山本。緊張しております。何とか無事に終えました。

肺炎、ARDSと管理に難渋しましたが、呼吸不全も改善。
低体温に晒されましたが特に大きな有害事象もなし。
鎮静薬の離脱症状なのか、脳症の症状なのか判断に難渋した時期もありましたが、そちらも軽快し、今は無事に小学校に通っております。
抜管後にリハビリを進めてもらって、日に日に良くなっていく姿は、本当に頼もしく、我々も嬉しく思いました。
患児が退院前にICUに寄ってくれたんですが、とあるNsは泣いて喜んでおりました笑
当の本人は、ICUでの記憶はほぼ無いのだとか。。。
それでよいと思います、要らない記憶はないほうがいいですよね。
結果、体温管理がどこまで功を奏したのか、それはもっとデータを集約すべきでしょうし、一地方でその集約は困難かもしれません。
しかしこのような経験が出来た事は我々スタッフにとっても本当に有意義で、今後の診療に是非生かしていきたいと思います。

救急部スタッフと共に撮影。


上記症例もしかりですが、やはり多職種で治療を進めていくべきだなと、改めて感じた学会でした。
毎日のデスクカンファレンス、walkinカンファレンス、どちらも大切で、些細な患者の変化に気付けて、耳を傾けることの出来る医師でありたいなーと、改めて思えた学会でした。
最後になりましたが、学会滞在中に院内で守って下さっていた医局員の皆様、本当にありがとうございました。